わきがは病気ではありません!

わきがは病気ではなく体質の一つです。これは、ワキの下の汗が原因で生じる悪臭です。放置していればこの独特の臭いが原因で他人に不快感や嫌悪感を与えることになりかねません。ワキガの人とワキガでない人の違いは、脇にアポクリン腺があるかないかです。アポクリン腺とは、普通とは違う汗を出す分泌腺です。ちなみに普通の汗はエクリン線というところから出て、成分はほぼ水分のみで無色透明です。アポクリン腺からは濁った白い汗がでます。濁った白い汗になるのは、脂質やたんぱく質など、普通の汗にはないモノをたくさん含んでいるからです。アポクリン腺は特有の臭いを持つので、わきがの臭いは玉ネギや青ネギの臭いや鉛筆の芯などに例えられ、しばしば悪臭と認識されてしまいますが、わきがの場合、蒸れやすい排泄器官が近いと言う様々な要因で、さらに独特な臭いを感じる事もあります。それから、わきがは嫌なにおいと捕らわれがちですが、個性的な臭いは、100%の人間全てがクサイと感じるわけではありません。一方では、わきが臭は異性を引き付けるフェロモンの役割があります。

10人に1人がわきがって本当でつか?

わきがの症状を有している人は10人に1人の割合で存在していると言われています。ただし、これは日本人の場合に限って言うのであればという数字です。欧米人の場合にはもっと発症率が高く全人口の約7割がわきがの症状を有していると言われています。つまり、半分以上の人がこの症状を有しているため、逆に問題視されなくなっています。しかし、日本人の場合は、1割という限られた人にのみ症状が発生しているために、必要以上に気にかけてしまう人が少なくありません。
わきがの発生は、遺伝的要素と深い関係を持っています。大雑把な言い方をしてしまうと、疾患というよりも体質的な特徴だと言えます。ですので、わきが臭がある人には、その臭い以外にも共通した特徴がいくつかあります。たとえば、脇の下に黄色い汗ジミが付く、耳垢が湿っていて俗に言う飴耳になっている、脂性肌である、体毛が濃い、肉や脂っこい食べ物を好んで食べる、身内にわきがの人がいるなどの特徴をあげることができます。

日本人だからこそ臭いが気になる!?

日本人は臭いに対して非常に敏感だと言われています。黄色人種は、白人や黒人に比べるとグッと体臭が弱いために、余計に臭いに敏感になってしまうようです。そのため、欧米人であればさほど気にもしないわきがの症状が大きなコンプレックスになってしまう例が少なくありません。わきがの悪臭が気になって、大勢の人が集まる所へ出て行くことができなくなってしまったり、必要以上に引っ込み思案な性格になってしまうケースがよくあります。場合によっては、ノイローゼのようになってしまうこともありますが、わきがは医療機関で治療することができます。
様々な種類のわきが治療法があるのですが、大雑把に2種類に分けることが可能です。1つは汗腺の除去はせずに、その機能だけを一時的に低下させる方法です。費用や身体的な負担があまりかからない方法ですが、効果に永続性はありません。もう1つは悪臭の発生原因となっている汗腺自体を除去してしまったり、電磁波などによって破壊してしまう方法です。こちらの方法の場合には、かなり高い確率で半永久的な治療効果を期待することができます。

子供のわきが

子供のわきがで悩む人が増えています。その理由は二つあります。一つは、食生活の洋風化が進み、ワキガが低年齢化していることです。肉の消費量は1960年と2002年を比べると、5倍以上に増えています。肉の消費とワキガは相関があるので、当然ワキガが出やすい体質の子供も増えていると予想されます。子供のワキガで悩む人が増えたもう一つの理由は、親の意識の変化です。昔に比べて、現在は遥かに清潔志向、無臭志向が強くなっています。小学生で、ワキガの自覚がないような場合のおすすめのワキガ対策は、服に消臭効果を持たせるスプレーです。子供が朝、着替える前に、服にスプレーをかけておけば、本人に気付かれることなく、ワキガ対策をすることができます。専用の消臭スプレーがあります。さらにワキガ対策を強力にするためには、脇に塗るワキガ対策を併用します。液体を直接塗るタイプの方が効果が高いです。そこまでやっても、まだ自分は臭いと思う人は、皮膚科か整形外科でワキガ診断をした方が良いです

わきがの正式名称

わきがとは、正式には「腋臭症」と言われていて、ワキから鼻につく強い臭いを発するものです。
また、このわきがは3つの汗腺類から分泌するものが皮膚常在菌によって分解されて発生する臭いなのです。この3つの汗腺類とは「アポクリン汗腺」「エクリン汗腺(汗腺と皮脂腺)」のことを指しますが、わきがの臭いの原因はこのアポクリン汗腺が原因だと言われています。このアポクリン汗腺はワキや陰部など特定の場所にしかない汗腺です。本来は無臭なのですが、これに含まれているタンパク質や脂肪などが、皮膚などにいる常在菌に分解されると強烈な臭いがあらわれます。さらに、分解されてあらわれた臭いがエクリン汗によってワキ全体に広がるのです。
また、わきがは体質によるものとも言われています。各汗腺の多さ、活動の度合い、皮脂腺の数など、汗腺については人それぞれ違うのです。ですから、わきが臭が強いということは、必然的にアポクリン汗腺が多い体質であるということが言えるでしょう。

わきがになるかどうかの境界線は?

わきがか否かの違いはアポクリン腺があるか無いかです。ワキガかどうかをチェックする一番確実な方法は、ワキの皮膚下にあるアポクリン腺の状態をチェックすることとなります。アポクリン腺は皮膚の下にいます。確実なチェックは皮膚を切る必要があります。実際に皮膚を切ってチェックする医者もいます。耳垢がねばねばしている、衣服のワキに触れる部分に黄ばんだ汗ジミができることがある、母親か父親、もしくは両親がワキガであるなどのチェック項目を当てはめてみます。脇汗が多い、一本の毛穴から二本以上の毛が生えている、毛が濃い、サラサラのわき毛でわき毛の生える範囲が広い、なにもつけていないのにわき毛に白い粉が付着することがある、身近な人からワキが臭いと指摘されたことがあるなどから当てはまる数をもとに可能性を診断します。状態も経度・中度・重度があります。重度な方の対策としては、消臭する対策と、ワキに直接塗る対策のダブル対策をします。

アポクリン腺から変な臭いが出ちゃうんです!

ワキガは腋臭症とも呼ばれていますが、アポクリン腺から分泌されている汗が、エクリン腺からの汗や皮脂と混ざり合い常在菌によって分解されることで臭いを発すると言われています。わきがの治療は、手術療法から切開をしない治療方法まで美容外科などでおこなっています。子どもが治療された場合は、思春期まで汗腺が発達するため再発の可能性もあると言われています。特にワキがの臭いは、皮脂分泌が活発になってくる思春期以降に強くなるとも言われているのです。切開をしない治療方法のマイクロレーザー法を利用した場合は、汗腺を破壊するわけではないですが3割ほど軽減することができます。効果をアップさせたいという場合は、治療を繰り返すことが必要です。アポクリン腺は、乳暈や陰部などにもありますが脇の下に90パーセントがあると言われているようです。メスを使用しない治療方法は、ダウンタイムも短く傷痕も残らないことから支持されているようです。

わきがの発症の低年齢化が起こっています

わきが臭を起こす原因となっているアポクリン汗腺は、もともと野生動物が持つ芳香腺が退化したものだと言われています。野生動物は人間とは違って、特定の発情期にしか生殖活動を行ないません。ですので、発情期に間違いなく懐胎するために芳香腺からフェロモンを分泌して異性を惹きつけるのです。つまり、アポクリン汗腺から分泌される汗はもともとフェロモンとして機能してきたものであるために、わきがと性ホルモン活動は密接な関係を有しています。
平たく言ってしまえば、人間の体が生殖可能な状態になってからわきがの症状が出てくるというわけです。そのため、従前の発症平均年齢は男性18歳、女性16歳と言われてきました。しかし、ここ数年、わきがの発症の低年齢化現象が確認されています。一昔前に比べると、格段に栄養状態が良くなっていますし、幼い頃から性的な情報に触れる機会が増加しています。そのために、性ホルモンの活動開始年齢が早くなってきており、結果的にわきがの発症も早くなってきています。http://xn--v8jb1r.co/ 参考記事